HYDEがわんこそば108杯挑戦!訪れた店舗はどこ?アクセスガイド

エンタメ

最近、私の心をくすぐる面白いニュースが飛び込んできました。

皆さんも大好きなあの「L’Arc~en~Ciel」のボーカル、HYDEさんが、なんと驚きのチャレンジに挑戦したのです。

音楽の才能だけでなく、彼の新たな一面が垣間見える出来事でした。

普段はクールでミステリアスな印象のHYDEさんですが、今回はちょっと違います。

彼がX(旧Twitter)に投稿した内容が、大きな話題を呼んでいるんです。

その挑戦とは…なんと、わんこそばを108杯も食べたというのです!

一見華奢に見える彼が、そんな大食いチャレンジを成功させるなんて驚きですよね。

SNSでも話題沸騰、ネットニュースでも大々的に取り上げられ、多くのファンや読者の注目を集めています。

私もこのニュースを聞いて興味津々。

そこで、HYDEさんが挑戦した店舗のことや、108杯のわんこそばがどれだけの量なのかを詳しく調べてみました。

今回は、そんな彼の挑戦の裏側とわんこそばの魅力について、たっぷりとお届けしますので、どうぞお楽しみに!

この記事のポイント
  • HYDEがわんこそば108杯を食べたというエピソード
  • わんこそば108杯がかけそばに換算すると約7杯分であること
  • HYDEがわんこそばを食べた店舗「そば処 東家」の詳細とアクセス情報
  • HYDEの普段の食生活と、少食で1日1食の習慣

わんこそばの平均杯数はどれくらい?

わんこそばの平均杯数って知ってますか?

これは人によるけど、一般的には成人男性で50~60杯、成人女性で30杯くらいが目安なんですよ。初めて挑戦するなら、この数を参考にするといいかもしれませんね。

僕も一度、友達とわんこそばに挑戦したことがあります。そのとき、最初は「こんなに食べられるのかな?」って不安でしたが、意外と順調に食べ進められてびっくりしました。

結局、僕は50杯くらいでギブアップ。でも、友達はもう少し頑張って60杯を超えました。

食べてるときは楽しくて、つい夢中になっちゃうんですよね。お椀が次々と差し出されると、まるでゲーム感覚でどんどん食べてしまいます。でも、あとから満腹感がどっと押し寄せるので、注意が必要です。

そんな中、HYDEさんが108杯も食べたって聞いたとき、正直「マジか!」って思いました。あんなにスリムな彼がどうやってそんなに食べるのか、不思議でたまりません。普通は50~60杯でお腹いっぱいになるのに、108杯なんて本当にすごいですよね。

わんこそばって、ただ食べるだけじゃなく、その場の雰囲気や楽しさも味わえるので、大食いに自信がなくても挑戦する価値があると思います。次回はもっと食べられるように、ちょっとお腹を鍛えてから再挑戦したいなと思っています。

108杯のわんこそばはかけそば何杯分に相当?

実は、わんこそば15杯でかけそば1杯分に相当するんです。つまり、HYDEさんが食べた108杯は、かけそばにすると約7杯分になるんですよ!驚きですよね。

僕も以前、友達とわんこそばに挑戦したことがあるんです。そのときは「どれだけ食べられるか競争しよう!」って盛り上がってスタートしました。

最初は楽しくどんどん食べられたんですが、30杯を超えたあたりから急にお腹が重くなってきて、「これって、かけそば何杯分なんだろう?」って真剣に考え始めました。

かけそばって、一杯でも結構お腹いっぱいになりますよね。それが7杯分となると、かなりのボリュームです。家で普通に食べるかけそばと比べてみると、その量がいかに多いか実感できます。

HYDEさんが108杯も食べたって聞いたとき、本当に驚きました。僕の限界は50杯くらいだったので、彼が2倍以上の量を食べたと考えると、「一体どこにそんなに入るんだ?」って思わずにはいられません。

普段は1日1食っていう話もあるので、余計にびっくりですよね。

これからわんこそばに挑戦する人は、かけそば1杯分=わんこそば15杯という計算を頭に入れておくといいですよ。

挑戦するときには、自分のペースで楽しみながら食べ進めてください。わんこそばは量だけじゃなくて、食べる楽しさも味わえるので、ぜひ友達と一緒にチャレンジしてみてくださいね。

HYDEが訪れたわんこそば挑戦の舞台!アクセス情報完全ガイド

HYDEがわんこそば108杯に挑戦した名店、気になりますよね。彼が訪れたのは、岩手県盛岡市にある「そば処 東家」です。このお店、わんこそばの本場盛岡でも有名なんですよ。

僕も盛岡に旅行したとき、わんこそばを体験したくて東家に行ったことがあります。

僕が行ったのは駅前店で、観光客にも行きやすい場所でした。

店内は落ち着いた雰囲気で、スタッフも親切。わんこそばを楽しむには最高の場所でした。

東家 駅前店

  • 住所:〒020-0034 岩手県盛岡市盛岡駅前通8-11盛岡駅前通ビル 2階
  • 電話番号:019-622-2233

駅からすぐ近くなので、アクセスは抜群。旅行の合間に立ち寄りやすいですよ。

東家 本店

  • 住所:〒020-0871 岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目8-3
  • 電話番号:019-622-2252

こちらは盛岡の中心部に位置していて、歴史を感じる佇まい。観光がてら訪れるにはぴったりの場所です。

東家 別館

  • 住所:〒020-0871 岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目8-4
  • 電話番号:019-622-2252

本店のすぐ隣にある別館は、本店が満席の時でも安心して訪れることができます。

僕が行ったときは、わんこそばのペースに合わせてスタッフさんがどんどんお椀を追加してくれて、まるでエンターテインメントのような食事体験でした。

HYDEもこの体験を楽しんだのかなと思うと、なんだか親近感が湧きますよね。

初めてわんこそばに挑戦するなら、事前に予約しておくとスムーズですよ。

盛岡の美しい街並みと一緒に、わんこそばの体験を楽しんでみてくださいね!

HYDEの食生活とは?実は少食で1日1食だけ?

HYDEさんの食生活、ちょっと気になりますよね。

実は彼、少食で1日1食だけなんだそうです。これには驚いたファンも多いのではないでしょうか。

僕もこの話を聞いたとき、「あのエネルギッシュなパフォーマンスの裏にはどんな食生活があるんだろう?」って興味津々でした。

調べてみると、彼は基本的に夕飯のみを食べる生活をしているそうです。

日中はコーヒーにミルクを入れたもので過ごしているんだとか。これ、16時間断食という健康法の一環なんですって。

僕も一時期、16時間断食に挑戦したことがあります。最初は空腹に耐えられるか心配でしたが、慣れてくると意外と大丈夫なんですよね。

食事の回数が減る分、一回の食事をしっかり楽しむことができるんです。HYDEさんもそんな感じで、夕飯を楽しんでいるのかもしれません。

それにしても、1日1食だけであのパワフルなライブをこなしているなんて、本当にすごいです。

彼は健康管理にも気を使っていて、酒量のコントロールや運動も欠かさないそうです。

インタビューでも「食事はたんぱく質と鉄をしっかり摂るようにしている」と話していました。

僕も彼のように健康的な食生活を目指してみようかな、と考えるきっかけになりました。

日々の生活に追われるとつい食事が適当になりがちですが、HYDEさんのように意識して食生活を整えるのも大事ですね。

こんな少食生活を送りながら、わんこそば108杯を食べたというエピソードはますます驚きです。

普段は節制しているからこそ、たまには思い切り食べることも楽しめるのかもしれませんね。

ぜひ皆さんも、自分に合った食生活を見つけてみてください。

HYDEわんこそば108杯を完食:総括

  • HYDEさんはわんこそば108杯を完食した
  • 一般的な成人男性のわんこそば平均は50~60杯
  • 一般的な成人女性のわんこそば平均は30杯
  • わんこそば15杯でかけそば1杯分に相当する
  • 108杯のわんこそばはかけそば約7杯分になる
  • HYDEさんが訪れた店は盛岡市の「そば処 東家」
  • 東家には駅前店、本店、別館の3店舗がある
  • 東家駅前店は盛岡駅前通ビル2階にある
  • 東家本店は盛岡市中ノ橋通にある
  • 東家別館も本店の隣に位置する
  • HYDEさんは普段少食で1日1食の生活をしている
  • 日中はコーヒーにミルクを入れたもので過ごす
  • 16時間断食を実践している
  • 食事は主にたんぱく質と鉄を意識して摂取している
  • 健康管理のため酒量のコントロールや運動を行っている
タイトルとURLをコピーしました